読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業の家ごもり

とりあえず思ったこととか、好きなものとか、まとめるブログ。ほとんど日記。

【ブックレビュー】アイデアのヒント アイデアとは情報を集め考え忘れ、試すということ

 

・情報を集め考え忘れ、試す ということ

他のアイデア本にも書かれてあるような事だけど
この本も同じで、アイデア
・情報集め
・考える、咀嚼する、精査する
・忘れてしまうと形になる
・そして試す
という事。
それを、偉人の言葉や経験談などを
織り交ぜて語っているのが本書。
 
要点だけ知りたいのであれば
ジェームス・W・ヤングの
イデアの作り方
を読んだ方が早いと思います。

 

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

 

 

 
僕も以前は、アイデアのつくり方を読んでいたのですが、
この本から学ぶ事は多かったです。
エピソードや偉人の言葉というのは
まとめられた要点よりインパクトがあります。
インパクトがあるという事は記憶に残ったり
自分の中でその情報の価値があがったりすることに
つながります。
 
僕はアインシュタインの言葉、には
何かとついつい反応してしまいます。
「一番良い考えが浮かぶのは髭をそっている時だ」
P211
 
と言ってるそうで、どういう時にアイデアが浮かぶか
どういう心持ちでアイデアと向き合うか
そんな話を色々と語ってくれてる本です。
 
イデアの作り方に比べるとやはり、
すこし冗長かと感じる部分もありましたが、
イデアとは、なんだろうという時
少ない人の言葉より、これだけあらゆる人の言葉で
イデアとは を教えてくれる本書はその確信に至るための
近道になるのではと思いました。
 
面白いので是非。

 

アイデアのヒント

アイデアのヒント