読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自営業の家ごもり

とりあえず思ったこととか、好きなものとか、まとめるブログ。ほとんど日記。

最近、失敗することの意味が見えてきた気がする。

失敗、ミスについて最近感じた事を書きます。

 失敗するのが怖かった。

「失敗は成功のもと」なんて言うけど、
その意味を正直良くわかってなかったし、
「結局失敗してんじゃん」って思ってました。
とにかく僕は失敗するのがイヤでした。

恥ずかしい思いもするし、
自分が情けなく、少し大げさに言うと無力に感じる事もあったし、
自分はダメな人間だと思うから、失敗するのはすごく嫌いでした。

本業の方で失敗するのが怖くて
いつからか、出来ない事にチャレンジする回数が
少なくなっていて、それを最近自覚するようになりました。

その根本に失敗がある事を知って考えを改めたいと思い、
失敗について色々考えていたけど答えが出ませんでした。

でも最近英語を勉強するようになってそれをきっかけに、
その失敗が良いことに見えるようになってきた気がします。

何故ミスが、恥ずかしいのか(恐いのか)

何かを習得する上でミスはつきものってのは誰もが理解してる事だと思います。
本当に初学者の初学者なら、どんな分野でもミスしても「初めてだからしかたない」と
自然にミスを許容出来るものだと思うけど、
それが許容できなくなるタイミングがあるんですよね。

その基準はわからないけど。
ジョシュ・カウフマンが学習においての20時間の重要性を解いたTEDトークを見たことがあって…、

たいていのことは20時間で習得できる 忙しい人のための超速スキル獲得術

20時間で習得するための要点を簡単にまとめてたんだけど、
その中で「自分で自分のミスを修正出来るようになる」という内容のものがありました。
ミスが許容できなくなる瞬間ってのはこのあたりから強くなってくるのかも、
なんて妄想。

失敗をしている事、はっきり自分の力量不足で起こった事が自覚できるようになるから
自己嫌悪とか無力感みたいなものを感じるし、
もしそのミスを人に指摘されたら、恥ずかしいと感じるのも「ちゃんとしてれば自分はできたはずなのに」
と思うレベルに達してからだと思います。

この20時間って数字にどれほどの具体性があるかはわからないけど、
初めての時に比べてスキルに対する自信が出来てるだろうから
それにともなってミスへの恐怖心や羞恥心があがってしまうのでは…?

ぶっちゃけ、これの直接の克服の仕方は
わからないのですが、自覚してるだけで認知のスタンスが変わるだろうから
僕はとりあえずこの仮説で…
「恥ずかしいと思うって事は多少出来るようになったんだな」と思って克服する事にします。

ミスを知覚する事は間違いなく上達への近道

具体性があった方がいいので、「英語」を学習している場合のミスについて書きます。

まだ僕は英語初学者ですが、50時間くらいは勉強してきましたが、
英作文をしてると単純なミスをしてしまう事があります。

例えば、doとdoesをうっかり間違えたり、
aやtheなどの冠詞をつけるのを忘れたりとかとか。

それで「この前やったのにまたミスした…」と
すごくイヤになる瞬間があったのですが、
あれ待てよ。と、ふと思う瞬間があって認識が一転しました。

それは「これ修正したら一つ上達するって事じゃないか」と言う事です。
大したことではないですし、この感覚の変化を言葉にするのがすごく難しいのですが、
逆に言えば、
ミスを知覚出来なかったら「知らぬ間に上達」というスタンスしかあり得ないという事です。

知らぬ間に… なんてのは、赤ちゃんが歩けるようになったり、
言葉を覚えたりする時以外ほぼほぼあり得ないですよね。(スピード●ーニングのCMみたいだけど)
何かを覚えようとすると確実に失敗を打開するためのトライを繰り返さなきゃいけない。
それが楽しいか厳しいかは置いておいて、間違いなく失敗と向き合ってるという事です。

では失敗、ミスを知覚するという事は
上達の近道になるのでは、と思えるようになりました。

ミスを知らず知らずのうちに克服できればそれはストレスがかからないので良いことだと思いますが、
それが出来るのはよほど楽しい事(ゲームとか)やよほど簡単な事だけです。

ある程度苦労が伴うからこそスキルを身に着けた時感動があるし、苦労が伴うからこそ
そのスキルに意味があるのではとも思います。

ミスを知覚するとミスに対する具体的な解決策が見えるようになります。
つまりその解決策を埋めていけば、技術的な意味でのミスをしなくなるという事です。
うっかりとかは、知りませんが…。

 

つまり英語で言えば、ミスをした所次気をつけるとか、

冠詞について文法書を読んで見るとか

ミスをした、と知覚した事について修正作業をすれば

その部分を確実に着実に上達させられるという事だと思います。

 

その他もっとわかりづらい分野であったり、

ぱっと解決策修正策が思いつかないのであれば、

考える力をつける3つの道具

この本がオススメです。ザ・ゴールにも出てきたアンビシャスツリー等、
論理的に問題を解決する方法を導き出す方法が子供でもわかるレベルでやさしく書かれています。

「何が出来ないから出来ないのかわからない」状態

少し話は反れますが、ミスをする事以前に
初学者は「何が出来ないから出来ないのかわからない」という特徴があります。

以前友人にプログラミングを勧めた時に
よくわからないから出来るようになれないだろう。と応えられました。

初めからわかっていたら苦労しないのですが、
初学者は「わからないからわからない」という言葉にするとアホみたいな状態です。

ミスを知覚するどころか、何がミスなのかすらわからない事もあります。
上級者が見れば「アレは間違ってるな」というものを理解出来ない事があるという事です。
例えば、将棋僕は出来ませんがどこが負けに繋がったか初学者は理解するのが非常に難しい競技だと思います。
想像してもらえればわかると思いますが、
将棋でのミスを知覚出来るのは将棋をある程度理解してからでないと不可能ですよね。
それと同じ事があらゆる分野で少なからず存在していて、

それを打開してミスを知覚出来るようになるまで
学習すると、初めて自分が「失敗した恥ずかしい。ミスをするのが恐い」という事が
理解出来るようになるんだと思います。

ミスを自分で知覚できた時に「本当の意味での初学者ではなくなったんだな」と
ミスもまた成長の一つとして感じられるのかもしれません。

 

まとめ

 

あまりうまく伝えられなかったと思いますが…
ミスを知覚出来るようになったのは成長の証でもあるし、
成長を加速するためにミスを埋められるだけ、
その分野の理解力を得たという事でもあります。

ミスをすればするだけ、成長のために埋められる穴がある。

そう考えるとむしろ僕はミスを探すようになりましたし、
ミスをするかもしれない難しい事に積極的にチャレンジするようになりました。

アンダースエリクソン博士も書籍で書かれてましたが、
あまり自分のレベルからかけ離れていてはただミスをするだけで、習得出来ないかもしれませんが、
自分より少し上のレベルの難しい事にどんどんチャレンジしていけば着実にスキルを上げていけるのだと思います。
限界的練習と、博士はおっしゃってました。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
僕の文章では足りない事ばかりかもしれませんので、
ミスの意味、一回考え直してみて自分なりの答えにたどり着いて欲しいと思います。

超一流になるのは才能か努力か?

【ブックレビュー】アイデアのヒント アイデアとは情報を集め考え忘れ、試すということ

 

・情報を集め考え忘れ、試す ということ

他のアイデア本にも書かれてあるような事だけど
この本も同じで、アイデア
・情報集め
・考える、咀嚼する、精査する
・忘れてしまうと形になる
・そして試す
という事。
それを、偉人の言葉や経験談などを
織り交ぜて語っているのが本書。
 
要点だけ知りたいのであれば
ジェームス・W・ヤングの
イデアの作り方
を読んだ方が早いと思います。

 

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

 

 

 
僕も以前は、アイデアのつくり方を読んでいたのですが、
この本から学ぶ事は多かったです。
エピソードや偉人の言葉というのは
まとめられた要点よりインパクトがあります。
インパクトがあるという事は記憶に残ったり
自分の中でその情報の価値があがったりすることに
つながります。
 
僕はアインシュタインの言葉、には
何かとついつい反応してしまいます。
「一番良い考えが浮かぶのは髭をそっている時だ」
P211
 
と言ってるそうで、どういう時にアイデアが浮かぶか
どういう心持ちでアイデアと向き合うか
そんな話を色々と語ってくれてる本です。
 
イデアの作り方に比べるとやはり、
すこし冗長かと感じる部分もありましたが、
イデアとは、なんだろうという時
少ない人の言葉より、これだけあらゆる人の言葉で
イデアとは を教えてくれる本書はその確信に至るための
近道になるのではと思いました。
 
面白いので是非。

 

アイデアのヒント

アイデアのヒント

 

 

僕がKOBOを使う理由

僕がKOBOを使う理由。
kindleが優れているのは知ってる。
それでも僕がKOBOを使う理由を書いていく。
kindleもちょこっと使ってるんだけどね。
 

良いところ

 

楽天カードを利用しているからポイントがKindleより多い

楽天カードを使ってると獲得ポイントがKindleを上回る。
その上、楽天バイルや楽天ゴールドカードを
使っているならそれぞれ+1倍がつく。
 
kindle電子書籍を買うと自動的に(今は解消されてるかもしれないが)
ポイントを消費してしまう仕組みになっている。
 
楽天だとたまったポイントで家具や家電を安く、もしくはポイントのみで
手に入れられるので、ちょっと仕事に関係のない高価なものを
買う時も気が楽でいい。
この前は電動歯ブラシをポイントで買った。

クーポンがお得

クーポンが何気にすごい割引をしてくれたりする。
楽天カードを利用していると、プラチナ会員なんてものに
なったりするわけで、そうなると20%OFFのクーポンなんて
しょっちゅう手に入るのでまとめて購入するとかなりお得になる。

日本企業にがんばって欲しいと思うから

これは単純に自国の企業に頑張って欲しいという理由で
KOBO楽天)を使うようになった。
元はebookjapanを使っていたんだけど、
ポイントセールが突然終了したり復活したりするので
わかりづらく、またやはりクレジットカードの関係で
楽天KOBOを使う方がお得だったので移行した。
マンガ目的で、楽天カードを使ってなかったら
ebookjapanでよかったと思う。
ebookjapanに一般書というかビジネス書がどれほどあるのかは
よく知らないけど、多少は新書も買ったし。
アプリも結構使いやすい。というかKOBOより使いやすい。

ダメな所

正直に不満点も書くダメなところ
ぶっちゃけ、日本企業である楽天に頑張って
欲しいという気持ちでKOBOを使ってるが
AmazonKindleの方が使いやすいと思うことの方が多い。
というかKOBO自体はカナダらしいし。
実際僕がKindleではなくKOBOをメインに使う事が、
日本にどれだけ意味があるのかはわからんわけで。
実際どうなんでしょう。
まぁそれはおいておいてKOBOのダメなとこ。

専用端末がKindleに劣ってる?

最新端末のKOBO Aura ONE、
サイズが7.8インチですごくいいサイズなんだけど
Kindleの上位版と比べるとページめくりが遅いらしい(マンガ)
Youtubeで検証動画を見た。
Eink端末のあのもったりした切り替わりは仕方ないにしても
こんなに違うか、と思うとやっぱり専用端末としてkindleの方が
勝ってるのかなと感じる。
 
ただ、少し前の動画になるものの、
文字のページ切り替えはそんなに変わらないみたい?
 
現時点で僕はKOBOの専用端末は持っていないので、Kobo glo HDを購入してみるつもり。
KindleのPaperwhite初代は持ってるんだけど。koboで読みたい本を寝る前に読む時
手持ちのタブレットだと目によろしくなさそうだから。
目は大切。

サイトが見づらい

ごっちゃごちゃしてる。
サイトがとにかくごっちゃごちゃしてる。
楽天全般に言える事だけど、これはなんとかしてほしい。
銀行、証券など、ファイナンス系は結構すっきりしてると思うんだけどなぁ。
カードは…微妙かな。
やっぱキャンペーン関連がごちゃごちゃしすぎなんじゃないかな。

画像と文字の切り替えが遅い

kindleは最近つかってないから細かい事はわからないんだけど、
図、や画像が挿入されてる本の場合、文字と図のページの切り替わりに
少し待たされる。
スマホタブレット端末を使っての感想なので、専用端末ではわからない。

サイトのオススメ等に買った商品がだらだら並ぶところ

サイトの問題。ごちゃごちゃしてるのと一緒にしようと思ったけど、
本当に物を売る気があるのか不安になるくらい、買った本を勧めてくる。
正気かと思う。

アプリが若干微妙

読み終えた後、何故かコレクションというカラムが開くし。
本の整理というかソートもいまいち。
アワード?とかってのに入ると1ポイント獲得するだのなんだの出てきて鬱陶しい。
1円のためにいちいち時間とられたくないからアワードはもう切ってしまおうと思う。
こういうの、あるのはいいけど、ユーザーに「ポイントあげますから押して」っていちいち言わなくても。
「ポイントあげましたよ」ってそっと邪魔にならない程度に教えてくれればいいのに。
1ポイントのために無駄な時間使ってたら1ポイント以上損してる気がしてくる。

まとめ。

ダメな所の方が多いじゃねぇかと思うものの
KOBOを使うと思います。やっぱポイント含めるとkindleより安いのもありますし。
プラスの話がしたかったけど、
ダメな方に気合が入ってしまった。負の感情は勢いがある…。
でもダメ出しだよ。嫌いだから書いたんじゃなくて、改善して欲しいから書いたと受け取って欲しいです。
 
ダメなとこはあるけど、日本の企業応援しようって気持ちを込めて記事を書きました。
プラスにとってもらえるのかな…これは。
いや、最後にやっぱなんやかんや、日本企業がどうこうとか関係無く、
単純に
 
楽天カード使ってるなら、
ポイント含めるとKOBOが安いよ!ってことです!

独身クリエイターが仕事中に聴いてるラジオ

独身クリエイターが仕事中に良く聞いてる

オススメのラジオ一覧です。

 

良く聞いてるオススメラジオしか掲載してませんが、

一応好きな順に適当にオススメ度でカテゴライズしてます。

 

(野球シーズンなどは曜日や時間等、変更になっている恐れがあります。2017/02/13)

オススメNo1

伊集院光 深夜の馬鹿力

言わずと知れた伊集院光の人気番組。

フリートークももちろん面白いですし、勝ち抜きカルタ合戦が最高。

 

たまむすび

月~金の帯番組。個人的なオススメは火曜と木曜。

メインパーソナリティは赤江珠緒さん。

聞き所は赤江さんのずれた発言や言い間違い天然トーク満載。

 

伊集院光とらじおと

もう一個伊集院光

夜と違ってこっちはこっちで別の面白みがあります。

いろんな業界のゲストが出て来るので、勉強になります。

カメレオンパーティー

RAG FAIR土屋礼央とタレントの佐々木もよこのラジオ。

いいコンビ。笑いもあるし。もよこは可愛いし。

野球シーズン中は放送時間が変わるとか。

 JUNK 山里亮太の不毛な議論

山ちゃん。まぁ面白いっす。嘘くさいおもしろエピソードと

視聴者の山ちゃんいじりが面白いです。

HITS! THE TOWN

HITS! THE TOWN - Wikipedia

バカボン鬼塚山口五和の番組。

この二人はどっちも面白い。若いアーティストの会話とかがメインのようだけど

それは個人的にはさっぱり。

二人の変なトークをずっと聞いていたい。

 

オススメ度No2

小松未可子と優木かなの★★★★★★

FgG presents 小松未可子と優木かなの★★★★★★

アラサー女性声優二人のトーク番組。

スマホゲームメーカーの番組のようで、ゲームの話がちょっと交じる。

文化放送のこの声優枠はほとんど30分番組なのでそこはマイナス。

 

小松未可子西山宏太朗 Twilight ~夕凪のレストラン~

小松未可子・西山宏太朗 Twilight ~夕凪のレストラン~|文化放送 JOQR

小松未可子が面白いんです。とにかく。

タニタ提供の番組らしい。

 

マイナビ Laughter Night

TBS RADIO 954 kHz │ マイナビ Laughter Night(マイナビ ラフターナイト)

若手お笑い芸人のライブ音声。

ラジオでの放送を前提とした作りになってるので、

音声のみで十分面白い。たまに音だけじゃわかんないこともある。

堀江由衣の天使のたまご

これは17歳。

 

 

オススメ度NO3

JUNK 爆笑問題カーボーイ

オススメはCD田中と、思っちゃったんだから~のコーナー。

GOLD RUSH 

アンジャッシュ渡部のラジオ。

長い。というかこの時間帯面白いのすくないのでこれ聞いてます。

お笑い芸人なのに面白い事殆ど言わない渡部が逆に面白い。おしゃれ感出ちゃってるとことかが。

ラジオ寄席

落語は勉強にもなる。

その他文化放送声優ラジオ

文化放送の土日深夜枠

いっぱいって面倒。土日の夜~深夜

A&G TRIBAL RADIO エジソン

こむちゃっとカウントダウン

神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~ | animelo mix

水瀬いのり MELODY FLAG(サイトが無い)

とかとか。ゲームの宣伝主体のも多いからついていけなかったりもするけど

流して聴く程度にはオタクトークがあっていい感じなの多いです。

 

まとめ

あとは帯番組、情報番組とかぼやーっと聞いてます。

オトパラとか。セッション22?とか。

Radikoプレミアムとかタイムフリーとかで便利になりましたねー。

 

とりあえず、まだまだ聞いてるのあるんだけど、

多くてまとめるの面倒になってきたので、

面白いラジオとか見つけたらまた追加、編集します。

初投稿。ブログの目的と内容の検討

どういうブログにしていくか。

方向性がまだ決まっていないので

とりあえずメモ書き程度にやりたい事を…。

まだ初めて無いブログなので、志は低いですが。

 

・本のレビュー

本が好きなので、

読んだ本を、自分の言葉でまとめれば、記憶にも残るだろうし、

読んだ本の知識が誰かの役にたったり本に興味を持ってくれる人が

増えればいいなと思って。

 

・購入したもののレビュー

家電とか。あまり沢山買うタイプではないから

ブログの存在があれば、どういう理由で欲しいか、なんて考えて

余計なものを買ったりせず、有用なものに絞って購入も出来るかと思うので。

良い物ならばそれを発信できれば、これもまた誰かの役に立つかもしれませんし。

 

・あとは、ライフログ的な

ライフログ的な。要は日記。

思ったこととか。旅行とかあまり行かないけど

行きたいなーと思ってる。でも出不精で…。

ブログがあれば、もうちょっと行く原動力になるかと思って。

 

ひとまずこんな感じ。

普段は一人で家でクリエイター業をやっていて

家賃3万のアパートに住んでおります。

普段はmixiで雑に殴り書きしてたんだけど、

引きこもって仕事ばかりしてるから、無駄に書きなぐってないで

形に残していきたいなと思いまして…。

 

続くだろうか。